餃子が好きな人は多いでしょう。焼いて食べても油で揚げても水餃子にしても美味しいです。餃子はビールにも合いますしご飯も進みます。飲み会の時に餃子を注文する人も多いでしょう。しかし気になるのはカロリーです。ついつい食べ過ぎてしまうので、カロリーの摂り過ぎになってしまいます。

かなりの量のひき肉も使われていますので、脂肪分の摂り過ぎも気になります。また、焼くときにも油が使われています。この様な脂肪分の高い食べ物を食べる時は、付け合わせが重要になります。付け合わせでお勧めなのはキャベツの千切りです。

豚カツでもキャベツの千切りは定番です。何故付け合わせにキャベツが良いのかというと、生野菜は酵素が含まれているからです。

酵素は、脂肪の吸収を緩やかにしてくれる働きがあります。なので、餃子を食べる前にキャベツの千切りを食べておくと、脂肪の吸収を遅らせる事が出来てダイエットに効果があります。また他の生野菜よりも噛みごたえがあり、食べるのに時間がかかる為、満腹感が出やすいです。

その為食べ過ぎ予防になります。ドレッシングはノンオイルの物を使うと良いでしょう。豚カツにキャベツの千切りが添えてあるのも理にかなっています。

j1

餃子の付け合わせにはどのようなスープが合う?

餃子は、単品で食べることが多いですが、スープなどを付け合わせとして添えると、より栄養バランスが良くなりますね。

餃子のあんには、主に豚ひき肉、にら、キャベツ、しょうが、にんにく、白菜といった野菜が含まれており、海鮮系であれば、エビやキャベツなどが含まれています。餃子だけでは栄養バランスが偏りがちになるため、付け合わせとして、スープやサラダなど野菜が豊富に摂れるものをそえるようにします。

付け合わせのスープとしては、餃子が中華なものであるので、中華味が合います。鶏のゆで汁をスープに利用し、ゆで鶏はサラダに利用すると、材料を無駄にすることはありません。鶏がない場合は、中華味の調味料を利用しても良いでしょう。

野菜は、細く切ると見栄えが良くなります。人参や、玉ねぎ、ネギ、きくらげといったように、様々な野菜を摂りいれるようにします。淡泊な味の青梗菜なども、スープに入れると食べやすくなります。なお、春雨を入れるとボリュームが出て食べごたえがあります。

健康を考えた場合一品食べではなく、様々な食材を摂りいれることが大切となるので、野菜を中心に、どのような野菜を摂りいれるか考えることが大切です。溶き卵を入れるとさらに食べやすくなります。

j2

どんなおかずが合いますか?

餃子の付け合わせとしておすすめのおかずは、サラダやスープです。スープの場合、シンプルなわかめスープ等がおすすめです。

中華スープの素やコンソメスープの素を使い、具材はワカメとたまご、ゴマといった風にシンプルに仕上げたスープは餃子と良く合い、付け合わせのおかずに最適な一品となります。

もっとしっかりとおかずらしいものが欲しいと考えるのであれば、サラダがおすすめです。この時、サラダはこってりとしたものよりも、さっぱりと食べる事が出来るサラダがおすすめです。濃い味付けのサラダよりも、さっぱりとしたサラダを付け合わせとする事で、口の中をリセットしていく事が出来ます。

スープやサラダ以外で考える場合は、餃子に不足している緑黄色野菜等の栄養素を補える一品や、唐揚げやエビチリ等の中華料理の定番の一品を考えておく事がおすすめです。中華料理風のメニューを揃えると、食卓に統一感が出ます。

更に、統一感のあるメニューにする事で、食事をする人の気分を盛り上げる事にも繋がります。餃子をおかずにする時、付け合わせで悩む人は少なくありません。

そんな場合は、スープやサラダ、足りない栄養素を補う一品や、中華料理の定番メニュー等がおすすめです。

j3

食べ物をたくさん食べて太る?

餃子の付け合わせをたくさん紹介しました。餃子に限らず、食べ物をたくさん食べることで、太りたいと思っている方もいると思います。

そんなときはこちらのウェブサイトをまずは見てみてください。太りたい方向けの情報がたくさん載っています。